MiMiNiKKi

2018-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五月花形歌舞伎

そうそう、今日は歌舞伎見てきたんだったよ!!

五月の花形歌舞伎ってことで、
メジャーで若い人の目立つ豪華キャストで、演目は
●菅原伝授手習鑑から「寺子屋」
●義経千本桜「吉野山」
●新皿屋舗月雨暈「魚屋宗五郎」
●お祭り
でした、が、全部見てしまうと夕方になっちゃうから
魚屋宗五郎の一幕で切り上げました。お祭り、見たかったなー

何の予習もしないでいったけど、
ちゃんと注意してるとなんとなく筋がわかるし、
セットもきれいなので楽しめたかと思います。

「吉野山」は前半ほとんど狐も静御前も喋らないので
はっきり言ってクソ眠かったんですが、
途中からお馬鹿な頭と若い衆が出てきて、
一気に賑やか、華やかになり、とても見やすかった。
若い衆の衣装が超ステキングだった!
あんな板張りでバンバン動いて、痛くないのだろーか。
吉野山はセットもとてーも美しいです。ジャパーン、ウツクシーデース。


魚屋宗五郎は、二幕もあるのでもうダメかも・・・と思ってたら、
舞台が江戸らしく、急に喋りが超わかりやすくなり、
テンポもとてもよいので単純に楽しく見られました。
みんな江戸っこなので「しっこんでろい!!!」とか言ってる。
小奴三吉役の亀寿さんがステキング。
おばさん役の人もオバサンらしくて良い。

で、まあ楽しいといいつつもわからないことだらけー
だったわけなんだけど、やはり七之助はとーてーもー美人。
女形はやっぱ本当に色っぽいものなんだなあ、と感心してしまった。
遠目だから、細かい表情まではわからないけど、
身のこなしのひとつひとつが、芝居だからじゃなく、
心からグっとくるぜ・・・すっごい細いしー。


関係ないが、とってもお洒落に着物を着ているおばあちゃんがいて、ステキすぎだった。
大抵のおばさまたちは、上品というか地味で、イマイチな色を着てるのに、
その真っ白な白髪のおばあちゃんが、
真っ青な絣の着物に、鮮やかな抹茶色の絞り?の帯を締め、
首に生成りのショールをかけていて、
とても初夏っぽくて、かっこよかった。
あんな風に合わせられたら、着物きてみたいなー
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mimioolong.blog95.fc2.com/tb.php/144-d7549f4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

プロフィール

うーろん

Author:うーろん
ロッキーホラーショウ
アラン・カミング
コンドルズ
こってりギラギラ
NHKとくだらないお笑い番組

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

counter

ブログ内検索

RSSフィード

FAVORITE

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。